Menu

内装施工管理とは!?転職前に知っておきたいポイント

内装施工管理職に転職したいと考えている方は、転職前に仕事内容や仕事の流れなどを知っておくと安心です。
本記事では、内装施工管理職の概要や1日の仕事の流れ、内装施工管理の仕事をする上できついことなどをご紹介します。

内装施工管理とは

内装施工管理とは、内装に関する工事を管理する仕事です。
壁、天井、クロス、家具の据付などの作業を管理します。
仕事のスケジュールを作成・調整し、工期内に工事が終了するように進めることが重要です。

担当する現場は一般住宅だけでなく、店舗や事務所などの内装を担当することもあります。
内装施工管理では、内装に関する幅広い知識が求められます。

内装施工管理職の1日の流れ

ここでは、内装施工管理職の一般的な1日の流れをご紹介します。

出社・現場確認(8:00~9:00頃)
現場に直行する場合と、一度会社に出社してから現場に向かう場合があります。

昼休憩(12時頃)
昼食を兼ねた昼休憩を取ります。
1時間ほどの現場が多いようです。

打ち合わせ(13時頃)
現場回りを行い、業者との打ち合わせを行います。

現場終了・確認(17時頃)
現場が終了したあと現場の状況を確認し、職人さんが全員退社したのを確認します。

書類整理(18時頃)
資材の発注や工程確認などの書類整理を行います。

退社(19時頃)
翌日の準備が完了したら業務終了です。
事務所や店舗などの内装を担当する場合は、営業終了後の夜間に作業を行う場合もあります。

内装施工管理のきついこと

施工管理の女性

ここでは、実際に内装施工管理経験者が「きつい」と感じていることを紹介していきます。

各業者とのやりとりが大変

「内装工事には、設備や壁紙などさまざまな工事が関わるので、多くの職人さんとの
 連絡事項が発生します。業者選ぶときには、内装についての知識や経験が必要にな
 る場面もあります。」

もちろんきついだけでなく、良い面もあります。
上記でも紹介したとおり、内装工事はさまざまな工事と併用して行われます。
そのため、施工管理をしていくなかで「総合的な施工管理の知識」が役に立つ場面が多くあります。
つまり、他の施工管理経験者にアドバンテージがある施工管理といえるでしょう。

内装に関する工事の管理をする仕事

内装施工管理は、壁や床、クロスなど建物の内装に関する工事の管理をする仕事です。
一般住宅だけでなく、店舗や事務所からの依頼もありますので、工事数も多く今後も多くの仕事があるでしょう。
転職を考えている方は、仕事内容や1日の流れについてチェックしてみてください。

経験者