Menu

プラント建設とは?仕事内容や施工方法などを紹介

プラント建設とは、建設業を志している方であれば耳にしたことがある単語だと思います。
しかし具体的に「プラントとは」「プラント工事の仕事内容とは」と考えた時、ピンとこない場合もあるのではないでしょうか。

本記事では、プラント建設の概要、仕事内容、流れや施工方法などをご紹介します。

プラント建設とは

プラント建設とは、工事設備一式や生産設備などを建設する工事のことです。
そもそもプラントとは「製造設備などを含めた工場施設全体」のことを指します。
食品、医薬品、ガス、ガソリンなどさまざまな工場施設のことを指すため、建設業界だけではなく、さまざまな業界で必要とされます。

プラント建設の特徴

プラント建設は建築・土木工事とはやや異なる部分があるため、特徴についてご紹介します。

プラント建設は機械器具設置工事

プラント建設は産業分類としては「設備工事業」「機械器具設置工事」に分類されます。
設備工事業は、管工事などと同様に機器や配管を取り扱うのが特徴です。
機械器具設置工事とは、機械器具の組み立てなどに伴い工作物に機械器具を取り付ける工事を指します。

協力会社が多い

プラント建設は、一般的に発注者とプラントエンジニアリング、プラントメーカーの3社体制で進められます。
そのため、通常の工事に比べて協力会社が多く作業員も多いのが特徴です。

プラント建設の仕事内容や施工方法

施工管理士

プラント建設は主に以下のような工事を行います。

架台の設計や施工

設備機器などを設置するための架台の設計や施工を行います。
架台は空調機、制御盤、サーバーなど重量物を設置するために必要な設備です。

点検歩廊の設置

工場や倉庫などで点検のために設置される通路や足場を設置する工事です。
主に高い場所に設置します。
建物の種類や業種によって用途はやや異なりますが、主に点検やメンテナンスの際に作業車が安全に歩行・作業できるように設置されます。

機械の据え付け

ポンプ、モーター、ボイラーなどの機械の据え付けを行います。
運搬、組み立て、撤去、解体など一気通貫の作業を請け負う会社もあります。

配管工事

ガス配管工事、衛生配管工事、空調配管工事などの配管工事もプラント建設に含まれます。

プラント建設の概要や特徴を知ろう

プラント建設は、工場設備一式を建設する大規模な工事です。
そのため、基本的に発注者とプラントエンジニアリング、プラントメーカーの3社体制で進められ、関わる人数も多いのが特徴です。
施工管理職を目指す方は概要や特徴について知っておきましょう。

経験者