Menu

工事を円滑に進める要となる墨出し。必要となる道具や手順を紹介

墨出しはさまざまな工事において行われる作業の一環で、工事を円滑に進めるための要となります。
古来より行われてきた作業の一つで、現在でも失敗の許されない作業の一つです。
そのため、必要な道具や手順について知っておく必要があるでしょう。
本記事では、墨出しの概要や必要な道具、やり方や手順などをご紹介します。

墨出しとは

墨出しとは、工事に必要な線や形などの寸法を表示することを指します。
一般的に、墨つぼを使用して墨で線や形などを表現することから「墨出し」と呼ばれています。
墨出しの線に沿って職人がドアを取り付けたり、コンセントを取り付けたりするため、失敗の許されない作業といわれています。
現在では、レーザー照射器を用いて光を照射し、その線に沿って直角や水平を確かめる場合もあります。

墨出しに必要な道具

道具

墨出しでは、主に以下の道具が用いられます。

墨つぼ

つぼの部分に墨を含んだ線が入っており、糸に墨を染み込ませて使用します。
墨糸をはじくことで、柱や壁に基準線や中心線を描いていきます。

墨差し

墨汁を使って水平や垂直の基準線を描くための道具です。
竹製のものが主流で、片端はヘラ状、もう片端はペンのような形をしています。
ヘラの方は細かく切れ込みが入っており、短い直線を引く際に用いられることが多いです。

レーザー墨出し器

レーザー墨出し器は、水平・垂直ラインを確認できる電動の工具です。
基準の位置やラインなどに合わせてレーザーを照射し、墨付けを行います。
内装工事、電気・配線工事、左官工事などさまざまな工事で使われます。

チョークライン

現場に寸法や水平レベルを明示する際に用いられる道具です。
木材や鉄板、コンクリートなどに高さや直線を引く時などに使用されます。
粉チョークのため、墨と違い線が簡単に消せるのが特徴です。

測量機

測量機には、主にセオドライトとトータルステーションの2種類があります。
セオドライトは角度を測定し、トータルステーションは角度と距離を測定する際に用いられることが多いです。

レベル

地面の高低差や水準測量を行う際に用いられる道具で、オートレベルとレーザーレベルがあります。
オートレベルは平らに設置することで、視準線を自動で補正してくれる機能があります。
レーザーレベルは本体からレーザーを出して測量を行える道具で、受光器があれば1人で測量することも可能です。

糸巻き

糸を巻くための道具です。
自動で巻き取るタイプと、ハンドルを回し手動で巻き取るタイプがあります。

下げ振り

糸に重りをぶら下げ、垂直を確認するための道具です。
水準器よりも正確に測ることが可能とされています。

墨出しのやり方・手順

墨出し

墨出しは基本的に2人1組で行いますが、レーザー墨出し器を用いれば1人で行うことも可能です。
従来の墨出しを行う場合は、基本的に経験の浅い方が墨つぼを持ち、先端を経験者が持つことが多いです。
これは1度墨出しをすると消すのが困難なためです。
レーザー墨出し器はある程度自動で水平に調整する機能があり、光が見えやすい屋内での作業に適しているとされています。

ここでは、一般的な墨出しのやり方や手順をご紹介します。

手順1:設計図面のポイントに印を付ける

設計図面で指示されているポイントに印を付けていきます。
その後、2点以上の印を結び、柱や壁の基準線や水平高さを出すための墨打ちを行います。

手順2:基準線を引く

基準線は柱や壁などに目安となる線を引く作業です。
線の種類には、以下が挙げられます。

芯墨
柱や梁などに中心を占める基準線です。

逃げ墨
通り芯から一定の距離を開け、逃げを出した線のことです。

陸墨
天井や床、梁など高さを測る時の基準線です。
床仕上げ墨より1mほどの高さに引かれることが多いです。

地墨
床面に引いた線のことです。

小墨
柱の位置や大きさ、壁の位置などをコンクリート床面に墨打ちした線のことを指します。

手順3:基本墨を上階へと移動する

下の階での作業が終わったら、基本墨を上階へと移動させます。
まず、逃げ墨の交点から上階の床まで約15㎝の孔を開けます。
上階から交点まで下げ振り器を下げ、位置に間違いがないか確認します。
その後、墨を上階の床上にまで移しましょう。
交点を四墨ほど出したら、基準線を描きます。

手順4:陸墨を上階へと移動させる

1階の基準高さとなっている陸墨を、基準点から移します。
2階から上に移す場合は、1階から基準高さが分かる鉄骨や柱などを利用しましょう。

手順5:小墨出しを行う

柱の位置や大きさ、壁の位置、厚みなどからコンクリート床面に墨出しを行います。

墨出しは工事の要となる作業

工事は墨出しによって引かれた基準線などを元に進められるため、とても重要な作業です。
墨出しが間違っていると、工事そのものをやり直す必要が出てきます。
そのため、何度も確認し間違いのないように引く必要があります。
最初から最後まで関わる重要な作業のため、施工管理職を目指す方は必要性や道具、手順について理解しておきましょう。

経験者