Menu

建設工事の費用を算出する積算業務。仕事内容や有利となる資格を紹介

積算業務とは、建設工事にかかる費用を事前に算出する業務を指します。
大きな金額が動く建設業界において、積算業務はとても重要な役目を持っています。
積算業務は建設業界独自の業務のため、業務内容についてイメージがしにくい方も多いのではないでしょうか。

本記事では、積算業務の内容ややりがい、向いている人やおすすめの転職先などをご紹介します。

積算業務の内容

積算業務は主に以下の業務を行います。

  • 工事費の算出
  • 金額の設定
  • 価格交渉

工事費の算出
工事に用いる材料や作業員の人件費などを含めた工事費を算出します。
材料費を計算する際には、設計図書や仕様書を確認して必要な数量を導き出します。
人件費は、工事に必要な人員数を相場から計算します。

金額の設定
建設工事で得る利益です。
積算業務の担当者が、お金の管理を一括して行えば、より詳細な金額の設定が可能です。

価格交渉
材料を扱う業者と設備工事を行う業者などと価格交渉をします。
相互に利益を得られるように交渉を行うケースも多いです。

積算業務のやりがい・魅力

積算業務のやりがいや魅力にはどのようなものがあるのでしょうか。
ここでは、3つご紹介します。

予算内で工事をするためのアイデアが採用されたとき

積算した際に金額が予算をオーバーしていると、仕様変更などを行い金額の調整を行います。
仕様変更は基本的に設計者が行いますが、積算目線で積算担当者がアイデアを出すケースもあります。
そのアイデアが採用されると、高い評価を受けることができ、やりがいや喜びなども感じられるでしょう。

予算内で積算できたとき

積算業務は、限られた予算内で成果を出すことが重要です。
建設工事は金額が大きいため、少しの積算ミスがあると大きな損害に繋がる可能性があります。
予算内で工事が完工できれば、企業に利益をもたらすことができるでしょう。
そのため、積算通りに工事を進められると、積算業務担当者としてのやりがいや楽しさを感じられるでしょう。

後世の残る建物の工事に携われたとき

建設業界の仕事は携わった建物が後世まで残るのが大きな魅力といえるでしょう。
積算担当者は建設現場まで行くことは少ないですが、工事において重要なポジションである積算業務に携われることは大きなモチベーションとなるのではないでしょうか。

積算業務に向いている人・有利な資格

積算業務のイメージ

積算業務は、主に以下のような人に向いているといわれています。

  • 数字に強い人
  • 試行錯誤をするのが好きな人
  • 細かい作業が好きな人
  • 最後までやり抜くのが好きな人

数字に強い人
積算業務はさまざまな計算を行うため、数字に強い人が求められます。
たとえば、必要な部材をすべて割り出し、数量や面積計算などを行います。
日々計算を行うため、数字に慣れていたり、計算作業が好きだったりする方に向いているでしょう。

試行錯誤するのが好きな人
積算業務は、見積書の作成、仕様変更や金額調整のためのアイデア出しなども仕事の一つです。
クライアントの目標を意識して行動できるかどうかも重要となります。

細かい作業が好きな人
積算業務は、工事が進むにつれて見積もりの変更を行うことも多いです。
そのたびに、何度も修正を行わなくてはいけないため、細かい作業が好きな人におすすめです。

最後までやり抜くのが好きな人
積算業務は、担当者によって計算方法や考え方が異なるものです。
そのため、担当案件を他の人に引き継ぐことはあまりないため、最初から最後までやり抜く力が必要となります。

おすすめの資格:建築積算士

積算業務に必要な資格が「建築積算士」です。
より上位の資格が「建築コスト管理士」、下位の資格に「建築積算士補」があります。
積算業務に必要な専門知識や技術を証明できる資格です。
建築積算士の合格率は40〜70%とされているため、建築業の知識があればそれほど難しくはないとされています。

積算業務者の年収事情

積算業務に携わる人の年収は、200〜900万円と企業や経験などによって大きく幅があるといわれています。
建築積算士などの資格を持っており、経験があれば高い水準となるでしょう。
また、大規模建築や公共工事などを手がけるゼネコンなどでは、年収が高い傾向にあります。

積算業務者の転職先

積算業務者の主な転職先には以下が挙げられます。

ゼネコン

ゼネコンでは大規模建築などを手がけることも多いため、積算業務も複雑になります。
さらにゼネコンは工事全体を取り仕切る存在ともいえるため、より正確な積算が求められるでしょう。
そのため、ゼネコンでの積算業務を目指しているのであれば、建築積算士の資格は必須といえるでしょう。

積算事務所

積算事務所とは、積算業務を専門とする事務所です。
より高い専門性が必要とされるため、建築積算士などの資格を持っていれば転職に有利になるでしょう。

建設工事の費用を算出するための仕事

積算業務は、建設業界独自の業務です。
工事費用を算出する大切な役割を持っており、人件費や材料の選定など、さまざまな面から費用を算出します。
そのため、材料の知識や工法など豊富な知識と経験が必要とされます。
難しい仕事でもありますが、その分やりがいや魅力もある仕事といえるでしょう。

経験者