Menu

建設現場で使用するヘルメットは薄毛の原因に!?被り方を工夫しよう

建設現場の必需品であるヘルメットは絶対に被らないといけないものですが、どうしても頭が蒸れてしまう原因となってしまいます。
そのため、ヘルメットをずっと被っていると薄毛になるという話を聞いたことがある方も多いのではないでしょうか。
実際、ヘルメットを被り続けていると薄毛の原因になってしまうのでしょうか。

本記事では、ヘルメットは薄毛の原因となるのか、どうすれば薄毛を防げるのかなどをご紹介します。

ヘルメットが薄毛につながるとされる理由

現場で作業する際にはヘルメットが必須ですが、毎日被っていると蒸れや締め付けなどが薄毛につながるのでないかと不安になる方も多いのではないでしょうか。
ここでは、ヘルメットとのどんな部分が薄毛につながるとされているのか、その理由についてご紹介します。

摩擦

薄毛の原因のひとつとされているのが摩擦です。
ヘルメットを被って作業していると、ヘルメットと頭部が何度も擦れてしまうことで、頭皮が弱ってしまう可能性があるようです。

雑菌が繁殖する

ヘルメットを長時間被っていると、頭皮が蒸れて雑菌が繁殖する可能性が高まるとされています。
雑菌は湿った環境を好むとされており、特定の菌が過剰に増えてしまうと、皮膚トラブルを起こす可能性があるようです。

血行が悪くなる

ヘルメットをしっかりと固定するために締め付けることで、頭皮の血行不良が引き起こされる可能性があります。
血行不良によって頭皮に必要な栄養が不足してしまうと、頭皮環境が悪化してしまいます。
そうなると髪の毛が健康に成長するための栄養が不足し、薄毛の原因になってしまうようです。

薄毛にならないヘルメットの被り方

薄毛にならないために、日頃からヘルメットの被り方を意識しましょう。
ここでは、日常的に気を付けたいヘルメットの被り方についてご紹介します。

ヘルメットを清潔に保つ

ヘルメット内は取り外しができる部品が多いため、定期的にタオルや除菌ウェットシートなどで拭きましょう。
また余裕があれば丸洗いすることをおすすめします。

インナーキャップを使う

長時間ヘルメットを被る場合、インナーキャップを活用するのもおすすめです。
インナーキャップを被ることで、ヘルメット内の通気性向上が期待できます。

頭皮をしっかり洗う

頭皮を清潔に保つため、ヘルメットを被った日は頭皮をしっかり洗いましょう。
指の腹を使い、頭皮をやさしくマッサージするように洗います。
強く擦ってしまうと頭皮が傷ついてしまう恐れがあるので注意しましょう。

ヘルメットに使える薄毛防止アイテム

ヘルメットを被った男性

薄毛対策には、薄毛防止アイテムを使うのもおすすめです。
ここでは、すぐに取り入れやすいアイテムをご紹介します。

インナーキャップ

インナーキャップはヘルメットの下に被るキャップです。
通気性や消臭性に優れたものも多く販売されているので、自分に合ったものを選びましょう。

頭皮ケアアイテム

日常的に頭皮をケアするため、頭皮ケアアイテムを取り入れるのもおすすめです。
特にシャンプーは毎日行うため、頭皮ケアシャンプーやヘッドスパ用ブラシなどを取り入れるのも有効でしょう。
頭皮ケアシャンプーは、さまざまな肌質用のものが販売されていますので、自分の肌に合ったものを選びましょう。
薄毛が気になり始めているのであれば育毛剤などもおすすめです。

自分に合った薄毛対策を取り入れよう

ヘルメットは現場作業に欠かせないアイテムですが、長時間被ることで薄毛の原因になる可能性があります。
蒸れや雑菌の繁殖を防ぐためには、ヘルメットを清潔に保ったり、インナーキャップなどのアイテムを使ったりするのがおすすめです。
気になる方は、自分に合った薄毛対策法を取り入れてみてください。

経験者