Menu

建設現場の事務所の特徴を紹介!どのような業務をしている?

現場事務所とは、その名の通り工事現場の近くに設置される事務所のことです。
現場事務所は、簡易休憩所のようなものから宿泊できる作りのものまでさまざまな種類があります。
現場の規模や工期などに合わせて使い分けられるため、概要や特徴について知っておきましょう。

本記事では、現場事務所の特徴や仕事内容、主な設備などをご紹介します。

現場事務所の特徴

現場事務所は作業員の休憩や宿泊や、書類作成、打ち合わせなどのために作業現場や周辺に設置される事務所のことをいいます。
現場での作業が始まる数ヶ月〜数週間前に設置し、工事が終了すると撤去します。
プレハブやユニットハウスなどを設置する場合もあれば、近くのアパートやマンションなどを借り上げる場合もあります。
現場事務所は設置義務などがないため、一般住宅の建築などでは設置されない場合もあります。
内部の設備は事務所ごとに異なりますが、事務所、休憩室、資材置き場、材料の加工スペースなども含みます。
宿舎なども現場事務所となり、その場合はさらに設備を整える必要があります。

現場によって環境が異なる

建設業は現場によって環境が大きく異なるため、事務所もそれに合わせて環境が変わります。
工事の契約形態、作業員の人数、用途、地形などにも大きく影響を受けます。
建築基準法などによる届出などは不要ですが、現場の一部として消防署に申請する必要があります。

現場事務所は市街地以外で開設されることが多い

土木現場の場合、市街地以外の僻地などで現場事務所が開設される場合が多いとされています。
僻地の場合、インターネット環境などが整備されていない可能性もあるため、事前の確認が必須です。

現場事務所で行う仕事内容

現場事務所では、主に以下のような仕事を行います。

書類作成

契約書や請求書などの書類を作成します。
また、監督署や諸官庁に提出する書類も必要に応じて作成します。

電話・来客対応

電話やメール、ファックス、来客対応などを行います。
加えて、現場によっては現場で働く従業員のお弁当などの発注作業を行う場合もあります。

会議・打ち合わせ

事務所内で工事に関する会議や打ち合わせなどを行います。

現場事務所の設備

休憩をする作業員

現場事務所の設備は、現場の規模や内容などによって大きく異なります。
ここでは、現場事務所に設置される設備の一例をご紹介します。

事務作業部屋

書類作成や経理作業のための部屋です。
机、パソコン、インターネット回線などを整備し、従業員が問題なくデスクワークを行えるようにします。
他にも、手を洗うために洗面台や水道を外に設置する場合もあります。

打ち合わせ用の部屋

事務作業用の部屋とは別に、会議や打ち合わせ用の部屋を備え付ける場合もあります。
ホワイトボードなどを設置し、スムーズに会議・打ち合わせが進行できるようにします。

休憩室

作業員が休憩するためのスペースです。
工事内容によっては荷物置き場や加工作業のスペースと兼用になる場合もあります。

駐車用スペース

作業車両と運搬車両の駐車スペースのほか、作業員の通勤車両用、来客用のスペースを確保します。
工事作業者と作業員用のスペースは必須で、敷地内に確保できない場合は近くの駐車場や土地を借りる必要があります。
駐車スペースは工事関係者専用であることを表記し、関係者以外の立ち入りを制限しましょう。

更衣室

近年、現場で働く女性が増えているため、更衣室を設置する企業も増えています。
更衣室を男女別に設置することで、働きやすい環境を整えています。
また、シャワー室や男女別トイレなどを設置するケースもあります。

仮眠室

夜間工事を行う場合、仮眠室が設置される場合も多いです。
事務所とは別の棟として設置したり、可動式のトレーラーハウスをレンタルしたりする場合もあります。
また2階建ての事務所の場合、1階を事務所、2階を休憩室や仮眠室として使うケースも多いです。

宿泊施設

大規模工事など工期が長い場合、仮眠室ではなく宿泊施設が設置される場合もあります。
コンテナハウスやトレーラーハウスなどを設置し、内部にはトイレ、シャワールーム、ベッドなどが置かれています。
エアコンなども設置されているので、長期間の滞在でも快適に過ごすことが可能です。

資材置き場

工事に使用する資材を置く場所も、現場事務所に含まれます。
現場事務所内ではなく、近くの土地などを利用する場合もあります。
雨に濡れてもいい資材であれば屋外に置きますが、濡れてはいけないものは屋根付きの場所を確保します。
発電機や重機などのリース品は、盗難防止のため近くの倉庫を借りるケースもあります。

現場事務所の特徴を知っておこう

現場事務所は、工期が終了すると撤去される期間限定の事務所です。
作業員のための休憩室や仮眠室、更衣室のほか、事務作業や会議を行うための事務作業部屋などが設置されています。
働きやすい環境を整備するため、現場事務所の設備やレイアウトも工夫されてきていますので、どんな設備が現場事務所に含まれるのか知っておきましょう。

未経験者