Menu

プレキャストコンクリートのメリット・デメリット。RC工法との違いとは?

プレキャストコンクリートとは、ブロックやパネルの一種です。
種類が幅広く、大型構造物から小型建造物までさまざまなものに利用されます。
RC工法とは、どのような違いがあるのでしょうか。

本記事では、プレキャストコンクリートの概要やメリット・デメリット、RC工法との違いなどをご紹介します。

プレキャストコンクリートとは

プレキャストコンクリートとは、あらかじめ工場で作られたコンクリート部材のことを指します。
現場で型枠を組んで施工したコンクリートよりも高品質・高耐久であるとされています。
部材をあらかじめ工場で作るため、現場での作業を短時間で完了させることができます。
そして、プレキャストコンクリートを使った工法が「プレキャストコンクリート工法」です。

プレキャストコンクリートのメリット

プレキャストコンクリートには、以下のようなメリットが挙げられます。

工期が短縮できる

あらかじめ工場で作られたプレキャストコンクリートを使用するため、工期の短縮につながります。
具体的には、現場での型枠組み立て作業を減少させることで工程を簡略化できます。
また工期を短縮させることで、工事によって引き起こされる公害や環境負荷を低減できるでしょう。

すぐに使用が可能

プレキャストコンクリート工法は施工後の養生期間が不要なため、完成後にすぐ使用できるのが特長です。
養生期間が不要ということは工程日程を逆算しやすく、スケジュールの遅延も少ないでしょう。
さらに引き渡しと同時に施設の利用が可能になるため、工期の遅れを心配する必要もありません。

作業の効率化につながる

工場で生産された部材を使用することで、現場で行う作業が少なくなり、作業の効率化につながります。
またクレーンなどの重機を使って組み立てるため、高所作業が減り、作業員の安全性の向上も期待できるでしょう。

高品質・高精度

プレキャストコンクリートは、工場という安定した環境で生産されるため高品質・高精度を誇ります。
またプレキャストコンクリートを用いて作り上げられたPCaPC構造は、地震にも津波にも強い構造とされています。
ダメージが蓄積しにくい工法とされており、高耐久なことで知られています。

天候に左右されない

プレキャストコンクリートは工場内で作られるため、従来の工法のように天候に左右されることがありません。
また従来の工法であれば、養生中の気温差によって品質に影響が出る可能性もありますが、プレキャストコンクリートはそうした心配もないのがメリットです。
スケジュールの遅延が少なくなるため、あらかじめ計画を立てやすいでしょう。

省資源化

プレキャストコンクリート候補の型枠は、鋼鉄型枠を使用します。
リサイクルが可能なため、廃棄物の削減にもつながるでしょう。
また木製型枠を使用しないため、木材資源を保存することが可能です。

プレキャストコンクリートのデメリット

プレキャストコンクリートはメリットも多いですが、デメリットもあります。
ここでは、プレキャストコンクリートのデメリットをご紹介します。

規格外の施工は難しい

プレキャストコンクリートは規格が統一されているため、複雑な形状やオリジナルデザインなど規格外の施工は得意ではありません。
規格化することで効率化を図ることを目的としているため、特別仕様などには向いていないでしょう。

事前に綿密な計画を練る必要がある

規格化した部材を使用するため、現場の状態に応じるような柔軟性はありません。
また工場から現場まで運ばなくてはいけないため、輸送計画も練る必要があります。
さらに、組み立て作業にクレーンなどの大型の重機が必要になるケースも多いため、危険対策を行う必要もあるでしょう。

接合部が弱いケースがある

プレキャストコンクリート工法は、他の工法と比較して部材同心の接合部が弱いケースがあります。
そのため、通常は設計段画で接合部を減らすなどの工夫が必要です。

RC工法との違い

工事現場

RC工法とは現場打ち工法と呼ばれており、現場で型枠を作りコンクリート打設を行う工法です。
現場の状況に合わせて打設を行えるので、柔軟性に優れています。
そのため、プレキャストコンクリート工法ではカバーできない柔軟性のあるデザインや規格外のデザインの現場に向いています。
ただしRC工法は、施工業者や天候によって品質にばらつきが出る可能性もあります。
一方で、プレキャストコンクリート工法は品質や規格が均一のため、高層ビルの外壁などに使用されることが多いです。

プレキャストコンクリート工法について知っておこう

プレキャストコンクリート工法は、あらかじめ工場で生産されたコンクリート部材を使用するため、工期の短縮や省資源化、高品質・高精度の部材を使用できるなどのさまざまなメリットがあります。
ただし、規格外のデザインのものにはあまり適していないため、工事の内容に合った運用が必須です。
そのため、施工管理職を目指す方はプレキャストコンクリート工法のメリット・デメリットをしっかり理解しておきましょう。

【関連記事:ワーカビリティーのコンクリート性質。土木施工管理職の方が覚えておきたい基本
【関連記事:コンクリート造に関わるスターラップ筋とは!?種類を知ろう
経験者